MENU

猫下痢の原因は食物アレルギーだった@FINEPET'sキャットフードに変えた話

あなたのお家の猫ちゃんの下痢。原因は、食物アレルギーかも!?
私のお家の猫は、キャットフードが原因の食物アレルギーだと思うと獣医さんに言われてしまいました。

 

何の知識も無く有名だからと食べさせていた・・・。
反省して、原材料を確認して安全なキャットフードとして選んだのがFINEPET'sキャットフードです。

 

 

猫下痢の原因は食物アレルギーだった@FINEPET’sキャットフードに変えた話
私は、生後4ヶ月ほどの雑種 ” アニィ ”男のこを保護し、わが家の一員として 迎えました。

 

 

アニィのごはんを選ぶ時に、本当に数多くのキャットフードがあって、何を基準に選ぶべきかわかりませんでした。
はじめて猫を飼う私は、特に気にする事なく、有名なメーカーさんだから…という理由だけでキャットフードを選んでしまったのです。

 

「 アニィの異変 」

アニィも最初のうちは、特に問題なく食べてくれていました。
ですが、ある日。
この頃、やけに身体を痒がる?ノミでもいる?
と、私は身体をチェックしてみたんですがノミは見つからず代わりに、小さなハゲがいくつか、ありました。

 

さらに、お腹を下したのか下痢が続くようになり
私は、アニィを病院に連れていきました

 

「 キャットフードの秘密 」

 

幸いにも、血液検査等では 特に内臓関係に問題はなかったのですが、獣医さんに
 ”ごはんは、どんなものを食べさせている? ”と聞かれ、私は量販店で買ったキャットフードのみ与えている事を伝えると、先生は衝撃的な事実を教えてくださいました。

 

 

猫下痢の原因は食物アレルギーだった@FINEPET’sキャットフードに変えた話

 

・キャットフードは、すごく種類が豊富である。メーカーも、価額もさまざま
そのなかには、猫の身体に有害なものを使っているものさえあるという。
・選ぶときは、原材料を確認してみることを薦める。
・有害な物質の中には食物アレルギーなどの疾患を引き起こす原因になる

 

おそらく、アニィも食物アレルギーでは、ないだろうかとの事なので私は、もう一度キャットフード選びをはじめました。

 

キャットフードの中には、たくさんの添加物を使用しているものさえあるという事実を知り中でも、

 

・ エトキシキン ・
人間の食用では使用厳禁。

 

・ BHA ・という発ガン性物質。
これらに加え、4Dミートと呼ばれる、病気や傷害、死にかけの動物…。
亡くなった動物の肉までも使用しているという、恐ろしい事実を知りました。
衛生上、健康面においても身体に良いわけはなく、これらはさまざまな疾患を引き起こしています。

 

「 安心して食べさせたい? 」

 

なんとか安全なものはないのか?
ネットでキャットフードのサイトを見ていると

 

” 保存料、防腐剤ゼロ ”

 

” 化学物質は一切使っていません ”という文字が目に止まりこれこそが

 

 「  FINEPET'sCATFOOD 」。

 

 

 

猫下痢の原因は食物アレルギーだった@FINEPET’sキャットフードに変えた話

 

世界トップレベルの高品質?をモットーに、その基準は人間が食べても大丈夫という位の自信作。

 

私も その自信に納得すべく、一粒たべてみたところ、ほんのりチキンレバーの味がして、さらに風味づけのサーモンオイルが食欲をそそり、アニィも喜んで食べてくれていました。

 

 

先に述べた、チキンレバーやサーモンオイルの他にも、選りすぐりのものを原材料に使用していて

 

・フランス産はアレルギー性が低いと言われるアヒル肉
・チコリ、・ニシン  ・鶏レバー、・サーモンオイル、・葉酸
ハーブ系もいくつか使っていて、消化促進にと
・ローズマリーと  ・ホースラディシュ

 

これらは、ごく一部ですが、本当に天然のやさしいものを原材料に選んでますよね。

 

 

 「 どこで買えるの? 」

品質を守る為に、公式サイトのみでの 取り扱いになります。
価額は、Tキロ 2469円税込という少々、高めですが それだけ この商品には「安心と安全 」が込められているのだと思います。
はじめてのひとは初回に限りTキロ540円税込で、試せるという、うれしいサービスもあり
まずは、試してみる価値ありですね。

 

 

猫下痢の原因は食物アレルギーだった@FINEPET’sキャットフードに変えた話
最後に、わが家のアニィも すっかり状態も落ち着き毎日げんきにすごしています。
キャットフードおすすめ安全にについてを読んで、子どもと一緒に撮影するのも良いなと、食べることは、本当に大切なこと。あなたの家族の為に安心を選んであげてくださいね。

 

 

 

 

このページの先頭へ