化学流産不育症について

化学流産不育症の原因って何?何度も流産を繰り返す私の苦しみを癒して

化学流産不育症の悩みは深い

現在、32歳。妊活を開始したのは28歳の頃でした。
35歳になると自然妊娠の確立が大幅に減ってしまうと言う話を聞いて、結婚後すぐに妊活をはじめました。
当時28歳。まだ、夫婦二人の時間を楽しみたいと思う反面、早く赤ちゃんが欲しいと願っていました。

あれから4年。

妊活開始から3ヶ月は、特に意識をせずに避妊をしないという事だけでした。
3ヶ月経つと、赤ちゃん出来ないなと考えて、体を温めるために腹巻などを愛用やしょうが湯などを取り入れて
温活をはじめました。

4ヶ月目に、生理がこない!やったーーーー!と思って、妊娠検査薬を薬局で購入すると
陽性反応。産婦人科ってどのタイミングで行くんだろう??なんてウキウキしていましたが
実際に産婦人科に行くと早すぎるので、もう少し経ってから来てくださいといわれてしまいました。

しかし、これが悲劇でした。
しばらく時間を置いて産婦人科に行くと科学流産との診断でした。

それから、妊活を続けていましたが、何度か妊娠陽性反応は出るけれど
毎回、科学流産・・・。

不妊治療の専門医院に行くと不育症の疑いがあるという事でした。

不育症の改善方法は?


不育症ってなに??と言う感じでしたが、子宮で赤ちゃんが育たない状況です
私の子宮は、赤ちゃんにとってすごしにくい環境みたいです。

まずは、葉酸を摂取するように心がけてくださいということ
食事だけでの摂取は難しいので、葉酸サプリを活用して
確実に必要量を摂取するのが良いと言われました。

具体的には、妊娠計画中には1日に400マイクロgの葉酸摂取が推奨されているようです。

ホルモンバランスの調整が大切?



ホルモンバランスの調整は、妊活の中でも大変重要なものです。中でもヨガは、ホルモンバランスの調整に大変有効です。
ヨガの深い呼吸法と適度なストレッチはリラックス効果がありますし、自律神経のバランスが良くなりますから、ホルモンバランスの改善につながるという訳ですね。

パソコンやスマートフォンでも動画が見れますから、自分の部屋で出来るのでお手軽ですし、軽く運動する事で、新陳代謝を高め、柔軟性を上げることになりますから、心と身体のバランスを整えてくれる効果もありますから、ぜひ実践してみてください。
葉酸の含有量が多い食材としては葉物野菜の他 レバーや枝豆などが挙げられますが葉酸をたくさん摂るためだけに葉酸の多い食材にこだわって食べるのもとうてい現実的ではありません。葉酸が多い食材をまとめて食べるためには、手軽なスムージーも良いでしょう。作り方は簡単で、ミキサーに葉酸が多い野菜やりんごなどの果物 そして水分を入れるだけで、あっという間に仕上がってしまうのです。上の子が産まれて4年たった頃から2人目不妊を疑い病院に行き始めました。長女が生まれているので夫は夫婦二人での受診には消極的で、言えば不機嫌になりそうだったので、生理周期は順調でしたが、通院でタイミング療法を受けることにしたんです

不妊治療はお金がかかる
月に一度通い、一回3000円と手頃でしたが、そう簡単には妊娠できず、姉に勧められた葉酸サプリを飲み始めました(結構高いらしいです) 幸い、それからしばらくしたら、赤ちゃんを授かることができて、これ以上待たなくて良いのだと思ったら気が楽になりました葉酸は人の体内で様々な働きをしますがその一つ他の栄養素とともに血行を促進することが従来から挙げられています。身体に様々な悪い影響を及ぼすのが血液循環の滞りで、腰や肩の痛みやコリ、冷え性 不妊なども血液の滞りが引き金になるとされているため、そうした症状を改善したい場合は一度 葉酸を摂るように努めてみると症状が軽くなることもあるとされます。ビタミンEを、葉酸と同時に服用することで相乗効果が期待できると覚えておいてください。
近年 我が国では妊活でつらい思いをされているというご夫婦がたくさんいらっしゃると思います。少子高齢化だと言われて久しく、子供を作りたくてもできず、悪戦苦闘している夫婦は増えていく傾向にあります。

不妊手当てが欲しい
今以上に日本が一丸となって、子供を作ること、育てることに適した国に変わっていくことを期待しています
実は妊娠したいと思った段階から妊娠の初期段階にかけて摂るようにする事が望ましいといわれていて胎児の先天性奇形の発生を予防する効果があると考えられています。妊娠3ヵ月頃までは特に、食品や葉酸サプリメントなどでできるだけ摂取する事が大切になります。葉酸の効能については色々あり、赤ちゃんが発育していくなかで脳や神経を作り出すという事で、妊娠時の場合は1人分だけではなく、2人分必要とするために不足しやすくなるとも言われています。特定保健用食品として指定されており、赤ちゃんの二分脊椎などのような障害を予防するといった効果も期待できると言われているので、摂取をおすすめします。
妊娠中の女の人は特に意識して葉酸を摂取することが大事だと思うんですね。なるべく自然に食事から栄養が摂れることがベストですよね。手軽に食べられる果物でいうと、イチゴやキウイといったものは葉酸がたくさん含まれているので、日頃から意識的に摂るようにすると良いでしょう。妊婦にとって葉酸は必要不可欠な栄養素であることは間違いありません。では、この大切な葉酸を適切に摂取できなかったとしたら、赤ちゃんの成長に、どう影響するのでしょう。
実は、葉酸には細胞分裂を促すという働きがあります。

赤ちゃんの先天性奇形の危険性
そのため、これが胎児に欠乏した場合 正常な細胞分裂が行われず、神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負う要因の一つになるという研究結果が報告されましたこうした効果以外にも、ダウン症予防の観点から見ても効果がありますから、是非 葉酸の摂取を心がけてください。少子化が一つの原因となって、中にはいわゆる「産み分け」を意識する夫婦も増えつつあるようです。しかし、現時点で我が国の医療では確実な産み分け方法は明らかにされていません。それが分かっており、そうは言ってもやはり諦めるわけにはいかないという事であれば確実ではありませんが次の方法を試してほしいと思います。男の子が欲しいなら排卵日に、女の子が欲しいならその2 3日前に性交渉を持つことが効果があると言われているようです。ビタミンの中でも、葉酸は妊娠中に大事な栄養素とされていますが、錠剤やサプリメントで過剰摂取すると、副作用に苦しめられることがあります。吐き気や食欲不振 じんましんなどその人の体質や摂った量によっていろいろな副作用が起きますが、時には子供にまで影響が及んでしまいます赤ちゃんと自分のためだと言っても摂りすぎの害も深刻なのでサプリメントなどの注意書きをよく読んで規定の量を必ず守っていってください。不妊症の原因は多々あると思います。
葉酸サプリにもたくさんの種類があり、それぞれ栄養成分が違ったりしているので葉酸サプリバイブル!妊娠中に必要な栄養摂取おすすめサプリ徹底比較などの比較した情報を確認して安全で安心な商品を購入するようにしましょう

しかし、病院でいろいろと不妊検査をしてみると、はっきりとした原因があらわれるときとそうならないときがあります。
治療すべき部分が見つかればそれに対する療法を試してみればいいのですが、不確実な場合 毎日の食生活にも注意すべきな気がします。毎日話なので、何をどう食すかにより、体質に変化が生じると思います。